スポンサードリンク

2012年12月25日

子どもが夢中になって遊ぶ「きんぎょが にげた」

この本は大傑作だと私は思います。
まだ言葉も話せないうちの子が
はじめて夢中になった本だからです。
逃げた金魚を子どもと一緒に探すという
シンプルなお話なんですが、
その金魚探しに子どもは毎日熱中するんです。
あまりにも夢中になって本はボロボロになりましたが、
セロテープで貼って長い間楽しんでいました。
今も大切にとってある一冊です。

スポンサードリンク


posted by ひとみっくす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きんぎょが にげた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


admax


RSSサイト一覧



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。